映画「柘榴坂の仇討」いよいよプレミア試写会です


DSC_2790 (800x450)

いよいよです。

9月9日に迫ってきました「プレミア試写会」

案内状が届きました(^O^)  いよいよだなと本当に実感してきました。

各媒体にも中井貴一さんや、阿部寛さん、広末涼子さん等がぞくぞくと登場してプロモーションされるようです。

新聞・雑誌は勿論、テレビ等も皆さん要チェックです!!

 

映画「柘榴坂の仇討」

ここで以前もご紹介しましたが映画についてお話しします。

 

原作は、「浅田次郎」さん。

五郎治殿御始末という短編集の中の作品です。

今回の映画公開にむけて、この本のカバーや帯なども

柘榴坂の仇討使用になっていますので本屋さんでチェックして見て下さいね。

 

DSC_2463 (450x800)

仇討。。。今の時代私達には縁のない言葉、使う事はないですよね。

なぜ?仇討ちをするのか、しなくてはならなかったのか?映画の中で実際するのか?

と、言う事は勿論ですが、私は、中井貴一さんと、妻役の広末涼子さんとの

関係にも注目して見て頂きたいと思います。

仇討ちをクローズアップすると男性の世界の話のように思われるかも知れませんが

妻として、女性としての気持も感じ取れる、女性にも共感していただける

そして、感動する映画になっています。

ぜひ、御夫婦で、恋人同士で見ていただきたいと思います。

そう言う私は独り身ですが(余計な事でした)(笑)

最後に、考えてみました。

仇討ちとは?

仕返し、両親、主君、仲間を殺害したものに対し仕返しに殺害する事。

そして、それは、

皆さんもご存じ明治6年に禁止されました。

小説を読まれた方も、まだの方も

映画の中では、これがどのように

画かれているのか??

ぜひ、ご覧になって下さい。

一足早く、試写会で見たかたはぜひ

感想を利かせて下さいね。

 

まずは、私はプレミア試写会が楽しみです。

えみの和は映画「柘榴坂の仇討」を応援しています。